社会福祉法人 上口福祉会|島根県松江市|特別養護老人ホーム コーポ上口|障害者支援施設まがたま荘|軽費老人ホームケアハウス古志原ヒルズ|なかよし保育園 他

 

まがたま通信

 

まがたまインフォメーション(行事、日中活動、職員のつぶやき)

まがたまインフォメーション(行事、日中活動、職員のつぶやき)
フォーム
 
公用車取り扱い研修
2020-09-24
今日は気温も寒くもなく暑くもなく絶好の研修日和気候が良いと気分まで上がってきますよね
さて、今回の研修はまがたまが所有している様々な種類の公用車の中でも車いすを乗せれる車両をピックアップして職員同士で体験しながら安全な使用方法を再確認できた時間になりました。  
皆で一緒なことを真剣に考える時間っていいものですね (安全委員会 烏田)
 
秋の交通安全週間に入り
2020-09-21
秋の交通安全週間に入りました。
ここ障害者支援施設まがたまは、交通安全モデル事業所に指定されています。
そこでまがたま周辺を通行される車に、交通安全の意識づけをしてもらおうと交通量の多い午前中に職員がのぼりを持って沿道に立ち活動を行いました、一つでも交通事故が減るように思いを込めて立ちましたよ。(安全委員会)
 
手作りの憩いスポット ~心落ち着く「緑」の上で~
2020-09-14
朝晩の気温。涼しさを一気に通り越して「肌寒さ」を感じるようになりましたindecision
コロナ禍でいつもとは違う今年の夏も「今年だからこそ!」の様々な思い出を残して過ぎ去るこの季節の変わり目。
どこか嬉しさと、どこか寂しさを感じる近頃です。
過ごしやすく、魚釣り、味覚狩り、ウォーキングやキャンプなど、屋外に駆け出したくなるこれからの季節を前に、「手作りの憩いスポット」がお目見えです
とまとハウス向かい側に、まるでオープンカフェを思わせる、素敵な芝生広場が完成しました
6月ごろから、とまと班の利用者のみなさんと職員が、一緒に「石拾い」「草取り」「整地」、梅雨の雨雲と向き合いながら芝生を敷き詰め、この完成を楽しみに頑張りました。
心落ち着く「緑」の上で、秋の紅葉を眺めながら、休憩・コーヒータイムはいかがですか?(とまと班)
 
防災対策のため、草刈り作業
2020-09-10
先日の台風、局地的な大雨をうけて、まがたまの職員が日ごろ大切にしている草刈り作業を行いました。
綺麗に除草が出来ていると、危険な箇所が分かりやすくなり、一番の防災対策になる事をまがたまの職員は誰よりも知っています、職員総出で汗を流すととても気持ちがいいものです。(安全委員長、布村)
 
台風10号にそなえて
2020-09-07
大型の台風10号が通過するという事で、災害対策を行いました。
グループホームさいか、もえぎの利用者の方総勢10名を多目的ホールきずなに7名、短期入所へ3名避難をして頂きました、何事もないことを願い、利用者の皆様にはご不便をおかけしましたが、普段と違う慣れない環境で台風が過ぎるのを待ちました、幸いなことにまがたまでは大きな被害もなく台風が過ぎていきました、これからの防災対策にいい訓練となりました。
(安全委員長、布村)
 
暑さを乗り切ろう
2020-08-27
毎日、毎日暑い日が続き嫌になります。そんな時、夏と言えば、スタミナをつけようと言いうことでこすもす班、バーベキューを開催しました。暑さの為、室内になりましたが、お肉と野菜が焼ける音と匂い、夏ですよ。「美味しい」「おかわり」とたくさんの嬉しい声が聞こえていました。
そして、やっぱり屋外でも楽しんでいただきたい!!ということで、短時間ではありますがスイカ割りもしました。スイカ割りも大人気でした。また一つ夏の思い出になっていたら嬉しいです。(こすもす班)
 
 
生きる力 ~がんばろう!が聞こえそうなこの1枚~
2020-08-26
またまた、とまとハウスからのリポートです
「こんなところにミニトマト
1枚目のこの写真、ミニトマトの苗が伸びている場所。
畑の畝でもなければ、ハウス内の畝でもない。
なんと!ハウスの入り口、扉のレールの脇に生え、堂々と伸びているではありませんか☆
実が転がり、種が落ち、ここで力強く生きてみようと、ミニトマトの底力を感じます。
入る人を歓迎し、出る人を見送っています。
そして、ハウス内のトマトを見守り、作業に携わる私たちに「頑張って!」と声を掛けてくれそうな・・・。
そんな力強さとやさしさを感じる1枚です!
「つくる」過程の中で、こんな元気も与えてくれるミニトマトです!
明日も一緒にがんばろう(とまと班)
 
空に一番近い場所 ~天まで届け 私たちの願い~
2020-08-24
汗を流しながら、一歩一歩踏みしめるように上る場所。
ここは、平成29年に遷座した「まがたま神社」です。
連日の猛暑。今日も朝からジリジリと肌が痛く感じます
まがたま神社は、まがたまで一番高い場所。空に一番高い場所
先日当通信でアップした、とまと班の収穫体験イベントで、参加者の皆さんが願いを込めた短冊、七夕かざりを今日、とまと班の利用者様6名と、職員3名が、大切に抱えながら神社まで運び、奉納させていただきました。
眼下に広がる壮大な景色に癒され、時折吹く心地よい風は、どこか秋の気配さえ感じるものでした。
みなさんの願いが、夏の広い青空を超え、天まで届きますように・・・。
一日も早い、新型コロナウィルスの終息を願いながら・・・。(とまと班)
 
実りと収穫に感謝して ~七夕の願いごと~ その2
2020-08-11
ハウス内での「密」を回避するために、日程を8/6、8/6、8/10の3日間に分け、利用者の皆さんと職員が一緒にミニトマトの収穫体験をし、ハウス内に立てられた笹に短冊を飾りました。
暑い中、ハウスへ足を運んでいただき、参加してくださったみなさんにとっては「収穫のよろこび」「食べるよろこび」。
そして栽培に携わるとまと班の利用者の皆さん、職員にとっては、皆さんのたくさんの歓声や笑顔を拝見でき、やはり、「つくるよろこび」を心から感じたひと時となりました。
 
今、世の中は本当に大変な時を迎えています。
そんな今だからこそ、笑いましょう!今だからこそできる楽しみを考えましょう!
まがたまのミニトマトを食べて!乗り切りましょう!(とまと班)
 
実りと収穫に感謝して ~七夕の願いごと~ その1
2020-08-11
外の気温は30℃超えそしてハウス内も35℃を上回る高気温!
イベント当日、朝からハウス内でとまと班職員は、1℃でも!温度を下げよう!みなさんに来てもらおう!と、「涼」を作るのに必死でした。
そんな真夏の環境下、ミニトマトは赤く、生き生きと、そして甘くみずみずしく熟れました。
新型コロナウィルス感染防止のため、世の中はより一層の厳重警戒と、様々なイベントの自粛。
当施設においても、季節のイベントを縮小するなど、いつもの夏は一変し、「我慢のとき」とはいえ、どこか物足りない、旧暦たなばたの季節を迎えました
「それなら私たちが!私たちにできる季節のイベントを!」と、とまと班の皆さんが企画。
「ミニトマト収穫体験」を開催しました。 (その2へ)
社会福祉法人 上口福祉会
〒690-0012
島根県松江市古志原6丁目8番10号
TEL.0852-21-6365
FAX.0852-21-5993
────────────
・老人福祉施設
・障がい者支援施設
・保育園
────────────
070026
<<社会福祉法人 上口福祉会>> 〒690-0012 島根県松江市古志原六丁目8番10号 TEL:0852-21-6365 FAX:0852-21-5993