社会福祉法人 上口福祉会|島根県松江市|特別養護老人ホーム コーポ上口|障害者支援施設まがたま荘|軽費老人ホームケアハウス古志原ヒルズ|なかよし保育園 他

 

まがたま通信

 

まがたまインフォメーション(行事、日中活動、職員のつぶやき)

まがたまインフォメーション(行事、日中活動、職員のつぶやき)
フォーム
 
青空の下で
2019-05-14
連日のように空は青く、まさに五月晴れの毎日が続いています
一年でもっとも過ごしやすいこの季節、まがたまは巡るスポットがたくさんあります!
「屋内は美術館・屋外は公園」を目指し、環境整備に努めています。
先日、天気のいい日、広い芝生広場では、散歩を楽しんだり、芝生の上で寝転んだり、5月の透き通った青空の下で、新緑の空気を吸いながら職員と共に過ごされる、みなさんの姿がたくさんありました(松本啓)
 
青い空 碧い山 あおい湖 ~「あお」の絶景~
2019-05-08
長い長い10連休もあっという間に終わり、季節は、一年でもっとも過ごしやすい、新緑の季節を迎えました
碧い芝生の上に寝転がったり、新緑のさわやかな空気を吸いながら、まがたま神社へ上ったり、私たちのまがたまは、まさに自然の楽園です
今日は、まがたま神社へ上ってきました
参道の入り口から歩き始め、3つの鳥居をくぐり、登頂した神社から下を見下ろすと、それはそれは!「あおの絶景」です!
この季節ならではの、壮大な「あお」を、5月のさわやかな風に吹かれながら楽しんだひと時でした。
みなさん、どうぞお越しくださいsmiley(松本啓)
 
大きなピザができました!!(放課後デイサービスピザ作り)
2019-05-02

放課後等デイサービス事業所にてカトレア班(製パン班)と共同企画によるピザ作り体験会を開催しました。多くの方にご参加いただき、ホールは満員です。

思うように広がらなかったり、丸くならなかったりと苦戦しながらもわいわいと生地を伸ばし、待つこと1時間・・・。

発酵されたピザ生地に好きな具材をトッピングすると、個性豊かなピザがたくさんできあがりました。

焼きあがったピザが届くと「いいにおい!」「思ったよりずっと大きい!」「ふわふわに膨らんだねー!」と歓声があがりました。天候にも恵まれ、できたてのピザを芝生広場で食べていただきました。笑顔とにぎやかな歓声にあふれた一日となりました。(川上)

 
天まで届け青空高く(こいのぼり設置)
2019-05-02
5月になり、まがたまに大きな鯉のぼりが立ちました!!

天気が良い日には青く大きな空を風に乗って3匹の鯉のぼりの親子が、仲良く泳いでいます。放課後等デイサービスの児童さんも興味深々な様子で鯉のぼりを見ておられ、

今年から5月には、まがたまを温かく見守ってくれそうです

(^^)

5月中は雨天など天候の悪い日を除き、上がっておりますので、まがたまにお越しの際は皆さまぜひ鯉のぼりを見てやってください。 (まがたま 放課後デイサービス)

 
思い出詰込み10年後へ(タイムカプセル実施)
2019-05-01
平成から令和にかわり、まがたまでも利用者様や地域と過ごした平成の時代をタイムカプセルとして詰込み、10年後に開封することを決め、輪のモニュメントのもとに利用者様、職員と埋めました
タイムカプセルの中にはまがたまの広報誌や写真、当時の職員名簿、施設パンフレットなど、平成のまがたまがわかるようなものをいくつも入れました
10年後にみなさまと開けることを楽しみにしています!(小泉)
 

 
 
令和の木(令和記念植樹式)
2019-05-01
みなさま元号が令和に変わった今日、いかがお過ごしでしょうか。
まがたまでは記念すべき日、5月1日に記念植樹式を行いましたのでご紹介いたします。
 
「令和の木」
どんなに歳を重ねても
どんなに困りごとが多くても
誰もが同じように
今日のこの瞬間を迎えたこと
この瞬間は私たちにとって宝物です
この木はまがたまの令和時代のはじまりを表すとともに
開設した昭和の時代、みなさまと共に歩み続けた平成の時代
喜びや悲しみ、感動、一人ひとりのかけがえのない時間を
次の時代へ受け継ぐまがたまの「時代の架け橋」となることを願っています

 「令和のはじまり」一人ひとりが手をつなぎ 施設と地域が手をつなぎ

恵まれた 人と自然に感謝してここに「令和の木」を植樹します

 

この文書のようにいっぱいの思いを込め、利用者様と職員で植樹を行いました。
会場ではたいやきも振舞われ、FMまがたまの演奏を聴きながら令和を祝う、有意義な時間となりました。
令和の時代がみなさまにとって良い時代でありますように。 (小泉)

 
 
「ありがとう」共に歩んだ30年の時間(とき)
2019-04-30
間もなく、一つの時代が終わろうとしています。
現在21:00。30年の歴史を刻んだ「平成時代」も、残すところ、あと3時間となりました。
昭和62年、たまゆの里に、まがたまは開設し、以来、利用者のみなさまをはじめ、家族、地域のみなさま、職員が手をつなぎ、ともに歩んでまいりました。
特にこの平成時代は、私たち、福祉をとりまく環境は大きく、めまぐるしく変化し、激動の時代であったように思います。
多くの皆様に支えられ、今日を迎えました。
「時代から次の時代へ」。この瞬間を共に迎えること、私たちにとっても大きな喜びです。
「ここにいてよかった。」「生まれてよかった」「ここで働いてよかった」
一人ひとりが手をつなぎ、施設と地域が手をつなぎ、みなさまの笑顔作りに邁進する気持ちは、いつの時代も、私たちは変わることはありません。
共に歩んだ「平成時代」に心から感謝するとともに、新しい時代「令和時代」がみなさまにとって、幸多き、明るい時代となりますことを願っています。
 
ありがとう「平成時代」。 (施設長 三浦秀範)
 
時代の架け橋 平成最後の集い その②
2019-04-23
食事会、ミニコンサート、ご家族のみなさま、職員と一緒に、和やかなひとときでした
 
時代の架け橋 平成最後の集い その①
2019-04-22
木々の新芽、若葉のやわらかな緑色に囲まれて、遠くには宍道湖を眺める最高のロケーションの中、利用者のみなさまをはじめ、ご家族のみなさま、地域のみなさま、職員が一堂に会し、まがたま開設32周年記念式典を開催しました。
式典、食事会、音楽療法の金築先生のミニコンサートと、時間は進み、今回のクライマックスは・・・
30年の時間(とき)。感動も悲しみも、いろいろな瞬間を歴史に刻み、あゆみ続けた「平成」が間もなく終わろうとしています。
間もなく迎える、「令和」の時代に、心からの願いを込め、これまで様々な施設行事の場で、大作を残してきた、まがたま」オリジナルの書道パフォーマンスを披露smiley
大きな画面に、利用者のみなさんと職員が一緒に、まがたまの「あゆみ桜と令和」を題材にした作品を書き上げました。
いつの時代も愛され続ける桜のように、私たちも、利用者のみなさま、家族のみなさま、地域のみなさまに愛され続ける施設を目指して、引き続き、ともに歩んでまいります。(まがたま職員一同)
 
願いをこめて ~ミニトマト定植セレモニー~
2019-04-15
ミネラル、ビタミン、リコピンと、栄養分豊富なミニトマトの栽培。
今年度も頑張ります!
今日は、その「始まりの日」
利用者の皆さん、職員がトマトハウスに集合し、にぎやかに、トマトの定植セレモニーを開催しました。
「おいしくなぁれ!」「甘くなぁれ!」
みずみずしい、赤い実がつく日を楽しみに、今日からみんなで見守って、大切に育てていきたいと思います!
今から収穫がとっても楽しみです(まがたま とまと班)
社会福祉法人 上口福祉会
〒690-0012
島根県松江市古志原6丁目8番10号
TEL.0852-21-6365
FAX.0852-21-5993
────────────
・老人福祉施設
・障がい者支援施設
・保育園
────────────
055475
<<社会福祉法人 上口福祉会>> 〒690-0012 島根県松江市古志原六丁目8番10号 TEL:0852-21-6365 FAX:0852-21-5993